ダイエットしたい時の食事コントロールのコツ

ダイエットするなら食事コントロールが絶対的に必要です。
どんなに頑張って運動しても、食事内容を見直さない限り思わしい効果は期待できません。
でも、今までに様々なダイエットにチャレンジしてきて失敗を繰り返している場合、既にどんなポイントに気を付ければいいのかと迷走してしまう人も多いのではないでしょうか。
そんな人におススメしたい食事コントロールをお教えします。

まずは、1日に3回程度の食事回数は確保するようにしましょう。
これは一般的な食事回数だからというわけではなく、身体が飢餓感を抱かない適度なペースだからです。
無闇に間隔を置いてしまうと、身体は溜め込むモードにスイッチしてしまいます。
こうなるとダイエットの効果は期待できません。
いつも定期的に栄養補給をしていると身体も安心して燃焼・排出リズムを保てるのです。

また、食事内容としてはちょこっとずつ多くの種類を食べる「見て満足」献立が最適です。
食べる量を少なくしようとすると、品数を少なくしてしまうほうが簡単なのですが、これは誤りです。
ほんの一口ずつのものでもたくさんのお皿がテーブルに並ぶと、まずは脳が満足します。
例えば、ご飯は茶碗に1/3杯。
豆腐に鰹節をまぶしたものを1/4丁。
レタスサラダは葉2枚分。
・・・と、こんな具合で少しずつをたくさん準備します。
箸を運ぶ回数が多ければ多いほど結果的に満足度がアップしちゃうのです。

何を食べなくちゃいけない。
何を食べちゃいけない。
理屈は理解できても、厳し過ぎるのは結局失敗へ繋がりかねません。
ダイエットのためのマイルールはシンプルなほど、続けやすいものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です